僕は下駄だけは脱いだも

 年とった支那人はこう言った後(のち)、ダウン モンクレールまだ余憤(よふん)の消えないように若い下役(したやく)へ話しかけた。
「これは君の責任だ。好(い)いかね。君の責任だ。早速上申書(じょうしんしょ)を出さなければならん。そこでだ。そこでヘンリイ・バレットは現在どこに行っているかね?」
「今調べたところによると、急に漢口(ハンカオ)へ出かけたようです。」
「では漢口(ハンカオ)へ電報を打ってヘンリイ・バレットの脚を取り寄せよう。」
「いや、それは駄目でしょう。漢口から脚の来るうちには忍野君の胴(どう)が腐ってしまいます。」
 僕は下駄だけは脱いだものの、とうてい泳ぐ気にはなれなかった。しかしMはいつのまにか湯帷子(ゆかた)や眼鏡(めがね)を着もの脱ぎ場へ置き、海水帽の上へ頬(ほお)かぶりをしながら、ざぶざぶ浅瀬(あさせ)へはいって行った。
「おい、はいる気かい?」
「だってせっかく来たんじゃないか?」
 Mは膝ほどある水の中に幾分(いくぶん)か腰をかがめたなり、日に焼けた笑顔(わらいがお)をふり向けて見せた。
「君もはいれよ。」
「僕は厭(いや)だ。」ダウン モンクレール
「へん、『嫣然(えんぜん)』がいりゃはいるだろう。」
[PR]
by raybansunglasses1 | 2012-09-29 09:54
<< 僕はいつかMより五六歩あとに歩... 不思議な事には、それと同時に谷底から >>