<   2012年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

僕は下駄だけは脱いだも

 年とった支那人はこう言った後(のち)、ダウン モンクレールまだ余憤(よふん)の消えないように若い下役(したやく)へ話しかけた。
「これは君の責任だ。好(い)いかね。君の責任だ。早速上申書(じょうしんしょ)を出さなければならん。そこでだ。そこでヘンリイ・バレットは現在どこに行っているかね?」
「今調べたところによると、急に漢口(ハンカオ)へ出かけたようです。」
「では漢口(ハンカオ)へ電報を打ってヘンリイ・バレットの脚を取り寄せよう。」
「いや、それは駄目でしょう。漢口から脚の来るうちには忍野君の胴(どう)が腐ってしまいます。」
 僕は下駄だけは脱いだものの、とうてい泳ぐ気にはなれなかった。しかしMはいつのまにか湯帷子(ゆかた)や眼鏡(めがね)を着もの脱ぎ場へ置き、海水帽の上へ頬(ほお)かぶりをしながら、ざぶざぶ浅瀬(あさせ)へはいって行った。
「おい、はいる気かい?」
「だってせっかく来たんじゃないか?」
 Mは膝ほどある水の中に幾分(いくぶん)か腰をかがめたなり、日に焼けた笑顔(わらいがお)をふり向けて見せた。
「君もはいれよ。」
「僕は厭(いや)だ。」ダウン モンクレール
「へん、『嫣然(えんぜん)』がいりゃはいるだろう。」
[PR]
by raybansunglasses1 | 2012-09-29 09:54

不思議な事には、それと同時に谷底から

 この声に胆をつぶして、一目散に土蜘蛛はモンクレール ダウン、逃げ出そうとしましたが、もうその時は間に合いません。「噛め」はまるで電(いなずま)のように、洞穴の外へ飛び出して、何の苦もなく土蜘蛛を噛み殺してしまいました。
 所がまた不思議な事には、それと同時に谷底から、一陣の風が吹き起って、
「髪長彦さん。難有(ありがと)う。この御恩は忘れません。私(わたし)は土蜘蛛にいじめられていた、笠置山(かさぎやま)の笠姫(かさひめ)です。」とやさしい声が聞えました。
「それは又、滅相な、東山ぢやと心得れば、山科。山科ぢやと心得れば、三井寺。揚句が越前の敦賀とは、一体どうしたと云ふ事でござる。始めから、さう仰せられうなら、下人共なりと、召つれようものを。――敦賀とは、滅相な。」
 五位は、殆どべそを掻かないばかりになつて、呟(つぶや)いた。もし「芋粥に飽かむ」事が、彼の勇気を鼓舞しなかつたとしたら、彼は恐らく、そこから別れて、京都へ独り帰つて来た事であらう。
「利仁が一人居るのは、千人ともお思ひなされ。路次の心配は、御無用ぢや。」
 するとその最中(さいちゅう)に、中折帽(なかおれぼう)をかぶった客が一人、ぬっと暖簾(のれん)をくぐって来た。客は外套の毛皮の襟(えり)に肥った頬(ほお)を埋(うず)めながら、見ると云うよりは、睨(にら)むように、狭い店の中へ眼をやった。それから一言(いちごん)の挨拶(あいさつ)もせず、如丹と若い衆との間の席へ、大きい体を割りこませた。保吉はライスカレエを掬(すく)いながら、嫌な奴だなと思っていた。これが泉鏡花(いずみきょうか)の小説だと、任侠(にんきょう)欣(よろこ)ぶべき芸者か何かに、退治(たいじ)られる奴だがと思っていた。しかしまた現代の日本橋は、モンクレール ダウンとうてい鏡花の小説のように、動きっこはないとも思っていた。
[PR]
by raybansunglasses1 | 2012-09-28 09:52

林院様へ申し上げ候ところ

元慶(ぐわんぎやう)の末か、monclerダウン仁和(にんな)の始にあつた話であらう。どちらにしても時代はさして、この話に大事な役を、勤めてゐない。読者は唯、平安朝と云ふ、遠い昔が背景になつてゐると云ふ事を、知つてさへゐてくれれば、よいのである。――その頃、摂政(せつしやう)藤原基経(もとつね)に仕へてゐる侍(さむらひ)の中に、某(なにがし)と云ふ五位があつた。
霜は即ちその旨(むね)を秀林院様へ申し上げ候ところ、秀林院様の御意なされ候は、治部少と三斎様とは兼ねがねおん仲悪(あ)しく候まま、定めし人質のとりはじめにはこの方へ参るならん、万一さもなき節は他家の並(なみ)もあるべきか、もし又一番に申し来り候はば、御返答如何(いかが)遊ばされ候べきや。少斎石見の両人、分別致し候やうにとのことに御座候。少斎石見の両人も分別致しかね候へばこそ、御意をも伺ひし次第に候へば、秀林院様のおん言葉は見当違ひには御座候へども霜も御主人の御威光には勝たれず、その通り両人へ申し渡し候。霜のお台所へ下がり候後、秀林院様は又また「まりや」様の画像の前に「のす、のす」をお唱へ遊ばされ、梅と申す新参の女房、思はず笑ひ出し候へば、以ての外のことなりとさんざん御折檻(ごせつかん)を蒙(かうむ)り候。
 髪長彦は大喜びで、この白犬と一しょに里へ帰って来ましたが、あくる日また、山へ行って、何気(なにげ)なく笛を鳴らしていると、今度は黒い勾玉(まがたま)を首へかけた、手の一本しかない大男が、どこからか形を現して、
「きのう己の兄きの足一つの神が、お前に犬をやったそうだから、己も今日は礼をしようと思ってやって来た。何か欲しいものがあるのならmonclerダウン、遠慮なく言うが好い。己は葛城山の手一(てひと)つの神だ。」と言いました。
[PR]
by raybansunglasses1 | 2012-09-27 09:57

「相聞」等の抒情詩を作り

「はあ、いや、あの話でございますか。モンクレール ダウン人情と云うものは、実に妙なものでございます。御一同の忠義に感じると、町人百姓までそう云う真似がして見たくなるのでございましょう。これで、どのくらいじだらくな上下(じょうげ)の風俗が、改まるかわかりません。やれ浄瑠璃(じょうるり)の、やれ歌舞伎のと、見たくもないものばかり流行(はや)っている時でございますから、丁度よろしゅうございます。」
 会話の進行は、また内蔵助にとって、面白くない方向へ進むらしい。そこで、彼は、わざと重々しい調子で、卑下(ひげ)の辞を述べながら、巧(たくみ)にその方向を転換しようとした。
「手前たちの忠義をお褒(ほ)め下さるのは難有(ありがた)いが、手前一人(ひとり)の量見では、お恥しい方が先に立ちます。」
 こう云って、一座を眺めながら、
はその時に「越し人」「相聞」等の抒情詩を作り、深入りしない前に脱却した。)僕は勿論死にたくない。しかし生きてゐるのも苦痛である。他人は父母妻子もあるのに自殺する阿呆を笑ふかも知れない。が、僕は一人ならば或は自殺しないであらう。僕は養家に人となり、我儘らしい我儘を言つたことはなかつた。(と云ふよりも寧ろ言ひ得なかつたのである。僕はこの養父母に対する「孝行に似たもの」も後悔してゐる。しかしこれも僕にとつてはどうすることも出来なかつたのである。)今僕が自殺するのは一生に一度の我儘かも知れない。僕もあらゆる青年のやうにいろいろの夢を見たことがあつた。けれども今になつて見ると、畢竟気違ひの子だつたのであらう。僕は現在は僕自身には勿論、あらゆるものに嫌悪を感じてゐる。
 その内に僕も作句をはじめた。すると或時歳時記の中に「死病得て爪美しき火桶かな」と云う蛇笏の句を発見した。この句は蛇笏に対する評価を一変する力を具えていた。僕は「ホトトギス」の雑詠に出る蛇笏の名前に注意し出した。勿論その句境も剽窃した。「癆咳の頬美しや冬帽子」「惣嫁指の白きも葱に似たりけり」――僕は蛇笏の影響のもとにそう云う句なども製造した。
 当時又可笑しかったことには赤木と俳談を闘わせた次手に、うっかり蛇笏を賞讃したら、赤木は透(す)かさず「君と雖(いえど)も畢(つい)に蛇笏を認めたかね」と大いに僕を冷笑した。僕は「常談云っちゃいけない。僕をして過たしめたものは実は君の諳誦なんだからな」とやっと冷笑を投げ返した。と云うのは蛇笏を褒めた時に、博覧強記なる赤木桁平もどう云う頭の狂いだったか、「芋の露連山影を正うす」と云う句をモンクレール ダウン「連山影を斉うす」と間違えて僕に聞かせたからである。
[PR]
by raybansunglasses1 | 2012-09-26 09:53

なかったなら、そうして、その影法師

「さようでございます。手前も二度と、モンクレール ダウン春に逢おうなどとは、夢にも存じませんでした。」
「我々は、よくよく運のよいものと見えますな。」
 二人は、満足そうに、眼で笑い合った。――もしこの時、良雄の後(うしろ)の障子に、影法師が一つ映らなかったなら、そうして、その影法師が、障子の引手(ひきて)へ手をかけると共に消えて、その代りに、早水藤左衛門の逞しい姿が、座敷の中へはいって来なかったなら、良雄はいつまでも、快い春の日の暖さを、その誇らかな満足の情と共に、味わう事が出来たのであろう。が、現実は、血色の良い藤左衛門の両頬に浮んでいる、ゆたかな微笑と共に、遠慮なく二人の間へはいって来た。が、彼等は、勿論それには気がつかない。
 その翌日、甚太夫は急に思い立って、喜三郎に蘭袋を迎えにやった。蘭袋はその日も酒気を帯びて、早速彼の病床を見舞った。「先生、永々の御介抱、甚太夫辱(かたじけな)く存じ申す。」――彼は蘭袋の顔を見ると、床(とこ)の上に起直(おきなお)って、苦しそうにこう云った。「が、身ども息のある内に、先生を御見かけ申し、何分願いたい一儀がござる。御聞き届け下さりょうか。」蘭袋は快く頷(うなず)いた。すると甚太夫は途切(とぎ)れ途切れに、彼が瀬沼兵衛をつけ狙(ねら)う敵打の仔細(しさい)を話し出した。彼の声はかすかであったが、言葉は長物語の間にも、さらに乱れる容子(ようす)がなかった。蘭袋は眉をひそめながら、熱心に耳を澄ませていた。が、やがて話が終ると、甚太夫はもう喘(あえ)ぎながら、「身ども今生(こんじょう)の思い出には、兵衛の容態(ようだい)が承(うけたまわ)りとうござる。兵衛はまだ存命でござるか。」と云った。喜三郎はすでに泣いていた。蘭袋もこの言葉を聞いた時には、涙が抑えられないようであった。しかし彼は膝を進ませると、病人の耳へ口をつけるようにして、「御安心めされい。兵衛殿の臨終は、今朝(こんちょう)寅(とら)の上刻(じょうこく)に、愚老確かに見届け申した。」と云った。甚太夫の顔には微笑が浮んだ。それと同時に窶(やつ)れた頬(ほお)へ、冷たく涙の痕(あと)が見えた。「兵衛――兵衛は冥加(みょうが)な奴でござる。」――甚太夫は口惜(くちお)しそうに呟(つぶや)いたまま、蘭袋に礼を云うつもりか、モンクレール ダウン床の上へ乱れた頭(かしら)を垂れた。そうしてついに空しくなった。……
[PR]
by raybansunglasses1 | 2012-09-25 09:56

言葉や表情に我々の意志の現

 最後に僕の工夫したのは家族たちに気づかれないやうに巧みに自殺することである。monclerダウンこれは数箇月準備した後、兎に角或自信に到達した。(それ等の細部に亘(わた)ることは僕に好意を持つてゐる人々の為に書くわけには行かない。尤(もつと)もここに書いたにしろ、法律上の自殺幇助罪(ほうじよざい)※(始め二重括弧、1-2-54)このくらゐ滑稽な罪名はない。若しこの法律を適用すれば、どの位犯罪人の数を殖(ふ)やすことであらう。薬局や銃砲店や剃刀屋(かみそりや)はたとひ「知らない」と言つたにもせよ、我々人間の言葉や表情に我々の意志の現れる限り、多少の嫌疑を受けなければならぬ。のみならず社会や法律はそれ等自身自殺幇助罪を構成してゐる。最後にこの犯罪人たちは大抵は如何にもの優しい心臓を持つてゐることであらう。※(終わり二重括弧、1-2-55)を構成しないことは確かである。)僕は冷やかにこの準備を終り、今は唯死と遊んでゐる。この先の僕の心もちは大抵マインレンデルの言葉に近いであらう。
死体は皆親指に針金のついた札をぶら下げてゐた。その又札は名前だの年齢だのを記してゐた。彼の友だちは腰をかがめ、器用にメスを動かしながら、或死体の顔の皮を剥(は)ぎはじめた。皮の下に広がつてゐるのは美しい黄いろの脂肪だつた。
 彼はその死体を眺めてゐた。それは彼には或短篇を、――王朝時代に背景を求めた或短篇を仕上げる為に必要だつたのに違ひなかつた。が、腐敗した杏(あんず)の匂に近い死体の臭気は不快だつた。彼の友だちは眉間(みけん)をひそめ、静かにメスを動かして行つた。
「この頃は死体も不足してね。」
 寛文(かんぶん)九年の秋、一行は落ちかかる雁(かり)と共に、始めて江戸の土を踏んだ。江戸は諸国の老若貴賤(ろうにゃくきせん)が集まっている所だけに、敵の手がかりを尋ねるのにも、何かと便宜が多そうであった。そこで彼等はまず神田の裏町(うらまち)に仮の宿を定めてから甚太夫(じんだゆう)は怪しい謡(うたい)を唱って合力(ごうりき)を請う浪人になり、求馬(もとめ)は小間物(こまもの)の箱を背負(せお)って町家(ちょうか)を廻る商人(あきゅうど)に化け、喜三郎(きさぶろう)は旗本(はたもと)能勢惣右衛門monclerダウン(のせそうえもん)へ年期切(ねんきぎ)りの草履取(ぞうりと)りにはいった。
[PR]
by raybansunglasses1 | 2012-09-24 09:48

すると自分の前の席に、髪の毛の長い学生が坐つてゐて

女の返事は羞(はづ)かしさうである。のみならず出したのも朝日ではない。二つとも箱の裏側に旭日旗(きよくじつき)を描いた三笠である。モンクレール ダウン保吉は思はず煙草から女の顔へ目を移した。同時に又女の鼻の下に長い猫の髭(ひげ)を想像した。
「朝日を、――こりや朝日ぢやない。」
「あら、ほんたうに。――どうもすみません。」
つて聴いてゐた。すると自分の前の席に、髪の毛の長い学生が坐つてゐて、その人の髪の毛が、時々自分のノオトの上を、掃くやうにさらさら通りすぎた。自分は相手が名前も知らない人の事だから、どう云ふ了見で、あんな長髪を蓄へてゐるのだか、つい今日に至るまで問ひ質(ただ)す機会を失つてしまつたが、兎に角それが彼自身の美的要求には合してゐても、他人の実際的要求と矛盾し得る事を発見したのは、正にこの言語学の講義を聞いてゐた時間である。しかし幸(さいはひ)、その講義を聴かうと云ふ、自分の実際的要求がそれ程痛切でなかつたから、髪の毛が邪魔になつた所だけは、ノオトをとらずに捨てて置いた。その中には邪魔にならない所でも、ノオトの代りに画を描く事にした。処が向うに坐つてゐる、何とか云ふ恐しくハイカラな学生の横顔を、半分がた描いた処で運悪く鐘が鳴つた。講義の終を知らせると同時に、午(ひる)になつた事を知らせる鐘である。
「子(し)胡(な)んぞ此に在るか? 此れ豈(あに)久しく留る可(べ)けんや。速(すみやか)に我に従つて出でよ。」
 周は驚いてかう言つた。が、賈は更に桶中(とうちう)の物の何であるかを尋ねて見た。
「鴉片煙膏(えんかう)なり。」
 鴉片はまだ乾隆の末には今日のやうに流行しなかつた。モンクレール ダウン従つて賈も亦鴉片とは何ものであるかを知らなかつた。
[PR]
by raybansunglasses1 | 2012-09-22 09:49

へはいると、平然として「往復を一つ」と云

 十一月の或晴れた朝である。モンクレール ダウン久しぶりに窮屈な制服を着て、学校へ行つたら、正門前でやはり制服を着た成瀬に遇(あ)つた。こつちで「やあ」と云ふと、向うでも「やあ」と云つた。一しよに角帽を並べて、法文科の古い煉瓦造(れんぐわづくり)の中へはいつたら、玄関の掲示場の前に、又和服の松岡がゐた。我々はもう一度「やあ」と云つた。
 立ちながら三人で、近々出さうとしてゐる同人雑誌『新思潮』の話をした。それから松岡がこの間、珍しく学校へ出て来て、西洋哲学史か何かの教室へはいつたが、何時(いつ)まで待つても、先生は勿論学生も来る容子(ようす)がない。妙だと思つて、外へ出て小使に尋(き)いて見たら、休日だつたと云ふ話をした。彼は電車へ乗る心算(つもり)で、十銭持つて歩きながら、途中で気が変つて、煙草屋へはいると、平然として「往復を一つ」と云つた人間だからこんな事は家常茶飯である。その中(うち)に、傴僂(せむし)のやうな小使が朝の時間を知らせる鐘を振つて、大急ぎで玄関を通りすぎた。
 朝の時間はもう故人になつたロオレンス先生のマクベスの講義である。松岡と分れて、成瀬と二階の教室へ行くと、もう大ぜい学生が集つて、ノオトを読み合せたり、むだ話をしたりしてゐた。我々も隅の方の机に就いて、新思潮へ書かうとしてゐる我々の小説の話をした。我々の頭の上の壁には、禁煙と云ふ札が貼つてあつた。が、我々は話しながら、ポケツトから敷島を出して吸ひ始めた。勿論我々の外の学生も、平気で煙草をふかしてゐた。すると急にロオレンス先生が、鞄をかかへて、はいつて来た。自分は敷島を一本完全に吸つてしまつて、殻も窓からすてた後だつたから、更に恐れる所なく、ノオトを開いた。しかし成瀬はまだ煙草を啣(くは)へてゐたから、すぐにそれを下へ捨てると、慌(あわ)てて靴で踏み消した。幸(さいはひ)、モンクレール ダウンロオレンス先生は我々の机の間から立昇る、縷々(るる)とした一条の煙に気がつかなかつた。だから出席簿をつけてしまふと、早速毎時(いつ)もの通り講義にとりかかつた。
[PR]
by raybansunglasses1 | 2012-09-21 09:40

砂上遅日

うつゝなきまひるのうみは砂のむた雲母(きらゝ)モンクレール ダウンのごとくまばゆくもあるか

八百日ゆく遠の渚は銀泥(ぎんでい)の水ぬるませて日にかゞやくも

きらゝかにこゝだ身動(みぢろ)ぐいさゝ波砂に消(け)なむとするいさゝ波

いさゝ波生(あ)れも出でねと高天(たかあめ)ゆ光はちゞにふれり光は

光輪(くわうりん)は空にきはなしその空の下につどへる蜑(あま)少女はも

むらがれる海女(あま)らことごと恥なしと空はもだしてかゞやけるかも

うつそみの女人眠るとまかゞよふ巨海(こかい)は息をひそむらむかも

荘厳(しやうごん)の光の下にまどろめる女人の乳こそくろみたりしか

いさゝ波かゞよふきはみはろばろと弘法麦の葉は照りゆらぎ

きらゝ雲むかぶすきはみはろばろと弘法麦の葉は照りゆらぎ

雲の影おつるすなはちふかぶかと弘法麦は青みふすかも

雲の影さかるすなはちはろばろと弘法麦の葉は照りゆらぎhttp://www.e-monkureru.com/
[PR]
by raybansunglasses1 | 2012-09-20 09:44

信子はこの少女らしい手紙を読む毎に

「御姉様は私の為に、モンクレール ダウン今度の御縁談を御きめになりました。さうではないと仰有(おつしや)つても、私にはよくわかつて居ります。何時ぞや御一しよに帝劇を見物した晩、御姉様は私に俊さんは好きかと御尋(おき)きになりました。それから又好きならば、御姉様がきつと骨を折るから、俊さんの所へ行けとも仰有いました。あの時もう御姉様は、私が俊さんに差上げる筈の手紙を読んでいらしつたのでせう。あの手紙がなくなつた時、ほんたうに私は御姉様を御恨(おうら)めしく思ひました。(御免遊ばせ。この事だけでも私はどの位申し訳がないかわかりません。)ですからその晩も私には、御姉様の親切な御言葉も、皮肉のやうな気さへ致しました。私が怒つて御返事らしい御返事も碌(ろく)に致さなかつた事は、もちろん御忘れになりもなさりますまい。けれどもあれから二三日経つて、御姉様の御縁談が急にきまつてしまつた時、私はそれこそ死んででも、御詫び[#「御詫び」は底本では「御詑び」]をしようかと思ひました。御姉様も俊さんが御好きなのでございますもの。(御隠しになつてはいや。私はよく存じて居りましてよ。)私の事さへ御かまひにならなければ、きつと御自分が俊さんの所へいらしつたのに違ひございません。それでも御姉様は私に、俊さんなぞは思つてゐないと、何度も繰返して仰有いました。さうしてとうとう心にもない御結婚をなすつて御しまひになりました。私の大事な御姉様。私が今日鶏を抱いて来て、大阪へいらつしやる御姉様に、御挨拶をなさいと申した事をまだ覚えていらしつて? 私は飼つてゐる鶏にも、私と一しよに御姉様へ御詫び[#「御詫び」は底本では「御詑び」]を申して貰ひたかつたの。さうしたら、何にも御存知ない御母様まで御泣きになりましたのね。
「御姉様。もう明日は大阪へいらしつて御しまひなさるでせう。けれどもどうか何時までも、御姉様の照子を見捨てずに頂戴、照子は毎朝鶏に餌をやりながら、御姉様の事を思ひ出して、誰にも知れず泣いてゐます。……」
 信子はこの少女らしい手紙を読む毎に、モンクレール ダウン必(かならず)涙が滲(にじ)んで来た。殊に中央停車場から汽車に乗らうとする間際、そつとこの手紙を彼女に渡した照子の姿を思ひ出すと、何とも云はれずにいぢらしかつた。が、彼女の結婚は果して妹の想像通り、全然犠牲的なそれであらうか。さう疑を挾む事は、涙の後の彼女の心へ、重苦しい気持ちを拡げ勝ちであつた。信子はこの重苦しさを避ける為に、大抵はぢつと快い感傷の中に浸つてゐた。そのhttp://www.e-monkureru.com/ うちに外の松林へ一面に当つた日の光が、だんだん黄ばんだ暮方の色に変つて行くのを眺めながら。
[PR]
by raybansunglasses1 | 2012-09-19 10:06